カテゴリー別アーカイブ: 博士論文

2018年 修士論文

卒業年
氏名
当時進路
論文題目
紹介
2018 加納 武司
テレビ東京
遠心場模型実験を用いた掘削幅による斜面破壊の動的安定性
2017 土谷 陽太郎
日揮株式会社
ANNを用いた山岳トンネルにおける地質リスク評価に関する研究
2017 馬場 隆聡

大成建設株式会社
マクロポアを考慮した降雨浸透特性に関する研究

2018年 卒業論文

卒業年
氏名
当時進路
論文題目
紹介
2018 平川 翔也  
修士課程
地盤の幾何学的不確実性に着目した地質リスクに関する研究
2018 間宮 基貴
修士課程
感圧導電性粒子を用いた3次元主応力方向の測定原理の考察
2018 村井 佑次
修士課程
Experimental research in reliquefaction inside embankment due to aftershocks
2018 吉田 伊織
修士課程
細粒分の卓越した材料を用いた盛り土斜面における降雨浸透特性に関する基礎的研究

2017/8/28~29

タイ・バンコク(S31 Hotel)でEIT-JGCA Joint International Symposium 2017を開催いたしました。皆様方のおかげで,今年のシンポジウムも無事終了致しました。お忙しい中ご参加いただきました皆様へ心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございました。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

EIT-JGCA Joint International Symposium 2017 開催案内

いつも大変お世話になっております.
標記の件につきまして,毎年恒例のタイで開催しておりますシンポジウムのご案内を致します.
昨年は多くの方にご参加頂き,誠にありがとうございました.詳細な情報は追ってご連絡致しますが,何かご不明な点等がございましたら事務局までご連絡下さい.お忙しい折に恐れ入りますが,皆様の奮ってのご参加をお待ちしております.

-記-

EITシンポ2017(速報版)開催案内

●開催日:平成29 年8 月28 日(月) ~29 日(火)
1) 8月28日(月):講演会(一般セッション)
2) 8月29日(火):講演会(学生・若手セッション)

●場 所: S31 Hotel (タイ・バンコク)

●参加費(予定):講演会 一般:30,000 円 / 学生:20,000 円

●参加申込要領:
論文申込とは別途,参加者名・所属・連絡先(住所・電話・FAX・E-mail),および参加区分を明記の上,下欄宛にE-mailでお申し込み下さい.事務局では,本セミナーへの参加者の概数を把握致します.

●参加申込締切:平成29年4月21日(金)
※発表プログラム編成の都合上,別途,5月19日(金)までを目途に「論文申込」をご連絡いただければ幸いです.何卒宜しくお願い申し上げます.

●主要な募集論文テーマ:Monitoring, Rock Engineering and Relative Fields, Landslide and Slope Failure, Geo-Exploration, Underground Structure and Related Fields

●論文申込要領:
英文で論文題名,著者名・所属(連名の場合には,口頭発表者に○印),概要(200words程度,図表それぞれ1枚使用可),連絡代表者名・連絡先(住所・電話番号・FAX番号・E-mailアドレス)を明記の上,下欄宛にE-mailでお申し込み下さい.

●論文提出要領:
論文はA4 用紙,4~8 枚の偶数枚(図表を含む)を予定しています。論文原稿提出締切は平成29年7月中旬頃を予定しています.論文申込者へは追って連絡致します。

●申込・問合せ先:
EIT-JGCA Symposium 2017 事務局
〒615-8540 京都市西京区京都大学桂CクラスターC1-2号棟234号室
京都大学大学院 工学研究科 都市社会工学専攻
ジオマネジメント工学講座 土木施工システム分野 大津研究室内
北岡 貴文  kitaoka.takafumi.6e@kyoto-u.ac.jp
TEL:075-383-3262,FAX:075-383-3264

2017年 卒業論文

卒業年
氏名
当時進路
論文題目
紹介
2017 加納 武司  修士課程 斜面の下盤付近における破壊機構の研究
2017 土谷 陽太郎
修士課程
タイ・バンコクにおける地下水流動および水質形成過程に関する研究
2017 馬場 隆聡
修士課程
体積変化を考慮した水分保持特性に関する研究
2017 WANJALA,
Samuel Comfort  

The dynamic stability of loose fill embankments under seismic loads

2017年 修士論文

卒業年
氏名
当時進路
論文題目
紹介
2017 磯部 直哉
Accenture
原位置計測結果に基づいた水分保持特性に関する研究
2017 岡井 直樹
東海旅客鉄道
既設アンカーの定着時緊張力による健全性評価に関する研究
2017 新治 義久
野村総合研究所
タイ・バンコクにおける地下水位の回復に伴う地下水塩水化に関する研究
2017 長谷川 真吾 東海旅客鉄道
地下構造物建設プロジェクトにおけるリスクの定量化とGBRへの応用に関する研究

2016年 卒業論文

卒業年
氏名
当時進路
論文題目
紹介
2016 太田 慎吾
修士課程
バンコク周辺地域における水質分析を反映させた三次元地層モデルの構築
2016 塚田 靖崇
修士課程
風化火山岩残積土を用いた盛土斜面における降雨流出浸透特性に関する研究
2016 南出 奏
修士課程
法尻掘削に及ぼす抑止杭の補強効果に関する実験的研究
2016 隋 若琦     (Sui Ruogi)
Physical modeling of embankment subjected to basal subsidence and seismic loading

2016年 修士論文

修了年
氏名
当時進路
論文題目
紹介
2016 奥岡 莞司
星野リゾート
盛土斜面における雨水流出浸透特性に関する研究
2016 小林 拓
新日鉄住金
熱帯性まさ土切土斜面における降雨流出浸透特性および斜面崩壊危険度評価に関する研究

2016.8.29~31

タイ・バンコク(S31 Hotel)でEIT-JSCE Joint International Symposium 2016を開催いたしました。皆様方のおかげで,今年のシンポジウムも無事終了致しました。お忙しい中ご参加いただきました皆様へ心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございました。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

IMG_2226

EIT-JSCE Joint International Symposium 2016 開催案内

いつも大変お世話になっております.
標記の件につきまして,毎年恒例のタイで開催しておりますシンポジウムのご案内を致します.
昨年は多くの方にご参加頂き,誠にありがとうございました.詳細な情報は追ってご連絡致しますが,何かご不明な点等がございましたら事務局までご連絡下さい.お忙しい折に恐れ入りますが,皆様の奮ってのご参加をお待ちしております.

-記-

EITシンポ2016(速報版)開催案内

●開催日:平成28 年8 月29 日(月) ~30 日(火)
1) 8月29日(月):講演会(一般セッション)
2) 8月30日(火):講演会(学生・若手セッション)

●場 所: S31 Hotel (タイ・バンコク)

●参加費(予定):講演会 一般:30,000 円 / 学生:20,000 円

●参加申込要領:
論文申込とは別途,参加者名・所属・連絡先(住所・電話・FAX・E-mail),および参加区分を明記の上,下欄宛にE-mailでお申し込み下さい.事務局では,本セミナーへの参加者の概数を把握致します.

●参加申込締切:平成28年5月13日(金)
※発表プログラム編成の都合上,別途,6月3日(金)までを目途に「論文申込」をご連絡いただければ幸いです.何卒宜しくお願い申し上げます.

●主要な募集論文テーマ:Monitoring, Rock Engineering and Relative Fields, Landslide and Slope Failure, Geo-Exploration, Underground Structure and Related Fields

●論文申込要領:
英文で論文題名,著者名・所属(連名の場合には,口頭発表者に○印),概要(200words程度,図表それぞれ1枚使用可),連絡代表者名・連絡先(住所・電話番号・FAX番号・E-mailアドレス)を明記の上,下欄宛にE-mailでお申し込み下さい.

●論文提出要領:
論文はA4 用紙,4~8 枚の偶数枚(図表を含む)を予定しています。論文原稿提出締切は平成28年7月中旬頃を予定しています.論文申込者へは追って連絡致します。

●申込・問合せ先:
EIT-JSCE Joint International Symposium 2016 事務局
〒615-8540 京都市西京区京都大学桂CクラスターC1-2号棟234号室
京都大学大学院 工学研究科 都市社会工学専攻
ジオマネジメント工学講座 土木施工システム分野 大津研究室内
北岡 貴文  kitaoka.takafumi.6e@kyoto-u.ac.jp
大八木智子 ooyagi.noriko.6u@kyoto-u.ac.jp
TEL:075-383-3262,FAX:075-383-3264